爪水虫を治療するなら早めに皮膚科受診をしましょう!

女医

爪に発生する水虫

足

水虫というのは足の皮膚の部分に発生するというイメージを持っている方は多いですが、実は水虫というのは爪にも発生するのです。基本的には水虫の患者でも爪にまで症状が進行するというケースは多くありません。爪に水虫が進行してしまうのはまず足の皮膚に水虫が発生している状態で、水虫を引き起こす白癬菌が繁殖しやすい環境に足を長時間置くことによって進行してしまうことが多いと言われています。白癬菌が繁殖しやすい環境として有力なのが、湿った靴などでしょう。水虫の方は雨の日靴が濡れている状態である場合には注意が必要かもしれません。

水虫が爪に進行してしまった状態は爪水虫と言いますが、この病気の特徴は爪の色や状態を変化させてしまうという点にあります。どういうことなのかというと、まず爪水虫の初期の段階では爪の色が濁って分厚くなります。爪というのは基本的にピンク色であることがおおいので、それ以外の色に変化している、または爪が分厚くなっているという時には爪水虫を発症している可能性も頭に入れておくと良いでしょう。
爪水虫の症状が進んでしまうと爪の表面がもろくなり、その結果ボロボロと崩れ落ちてしまうこともあります。爪水虫を発症した爪が崩れ落ちてしまうというのは、自分も嫌ですし周りの人達に水虫をうつしてしまう危険性もあります。そういったことを防ぐためには、爪水虫に気づいた時点で早めに最寄りの皮膚科などに足を運んで治療を受けると良いでしょう。

施術の必要性について

医者

ほくろ除去をする際には、施術を受ける前に自分のほくろが自身の顔の印象にどういった影響を与えているのか考慮しておくことが大切です。考慮して除去の必要性があると判断したらクリニックに足を運びましょう。

読んでみよう

ニキビ治療に関すること

病院

美しくなるために西新宿エリアの皮膚科に足を運ぶというのは良い選択です。皮膚科であれば、例えばニキビにならないための肌ケア、そしてニキビを改善するための施術などを行なってもらえるでしょう。

読んでみよう

皮膚病に関すること

看護師

水虫は白癬菌によって引き起こされてしまう一種の皮膚病です。この水虫にならないためには湿った場所に足を長時間置くのを避けることが大切です。例えば靴などは密閉空間なので湿りやすいです。

読んでみよう